日本一は逃しましたが、広島カープがセリーグ三連覇を果たしました。長い低迷時期を知る私には「上手く行き過ぎでは…」としか思えない今日この頃です。

今のカープの強さは、2015年に黒田博樹投手、新井貴浩選手が帰ってきたことが大きかったようです。
「あれほどの実績を残した選手が、誰よりも懸命に練習する姿を見たら、手が抜けなくなりチームがひとつになれた」と、野村祐輔投手は語ります。鈴木誠也選手は、新井選手に対し「あんな人を間近で見ることができたのは、自分の野球人生で大きいことだった」と感謝していました。自分の生き方や、枠組みを変えるほどの、素晴らしい出遇いだったのでしょう。

ある人から「人の背中から学ぶ≠ニ言うが、尊敬せずにはいられない背中を見せてくれる先輩と、そこから学ぼうとする向学心の高い謙虚な後輩が二人揃って可能になること。まさに奇跡の出遇いではないか」と教えられました。確かに素晴らしい先輩がいても、後輩に学びの姿勢がなければ、出遇いは成り立ちません。黒田投手に続き新井選手も引退しましたが、彼らの背中から学んできた頼もしい後輩たちは、来年以降も活躍してくれることと思います。

 そして私自身も、学びの姿勢を持たねばならないと思うのです。そうでなければ、素晴らしい出遇いを見落としてしまいそうで。

 今年もよろしくお願いします。■