極楽寺 NEWS  
 

2015.12.14

 
『花燃ゆ』放送終了
   
 
 
 
 

 

NHK大河ドラマ『花燃ゆ』全50回が、1213日をもって終了しました。振り返れば、貴重な経験と出遇いをいただいた一年だったと思います。



 さて、その中でも特に感じたことを一つあげますと、ドラマはあくまでもドラマだということです。

「史実とは違う」という声もよく聞きますが、やはり製作側としては主人公を魅力的にしなくてはなりませんし、わかり易く整理しなくては、視聴率もあがりません。そこには、必ず取捨選択が生まれます。捨てられた部分に思い入れがある方は、不満な思いをされるのは仕方がありませんが、残念ですがドラマなのです。

司馬遼太郎の名作『竜馬がゆく』も、主人公を魅力的にするために、薩長同盟や大政奉還等すべて竜馬の手柄にしています。(この小説での楫取素彦の扱いは、寂しいものが・・・。) でもそれは、あくまでも小説であり、司馬さんの竜馬観であって、それを鵜呑みにする態度が問題なのでしょう。

 

 これは、ドラマや小説に限らず、報道にも言えます。ニュースも、記者や新聞社・TV局の立ち位置から見えたものでしかないわけですから、事実ではあっても真実ではありません。そこから「なぜこのように切り取ったのか」「こっちの立場の人たちの思いは、なぜ伝えられないのか」と、こちら側が深く読み取らなければなりません。それは、人間の営みを深く見つめるまなざしでもあるのです。

 

何やら違った方向に話が飛んでしまったようですが、様々なことを考えさせられ、学びが深まるご縁をいただきました。
 
 とは言いながら、もう少し寿さんが全編にわたって活躍しても・・と思っている私のいじましさをも、改めて教えられています。■