長門三隅二条窪在住時代の楫取素(小田村伊之助)・寿子夫妻のこと

〜 関東での真宗開教のルーツ 〜


『男爵 楫取素彦の生涯』 楫取素彦没後百年顕彰会編集 公益財団法人毛利報公会発行 

寄稿したものを、加筆・訂正

文:第二十二代住職 釋宏證  
 
       
       
 
   
極楽寺にある、吉田松陰の書。 
安政3年(松陰27歳、松下村塾ができる前年)のもの。 
入手の経緯は不明。 
 
 
 
       
       
  楫取素彦(小田村伊之助)のプロフィール   
       
       
       
  一、はじめに  
       
       
       
  楫取寿子女史のこと(  
       
       
       
、楫取寿子女史のこと(
 
   
   
  、楫取寿子女史のこと( 
   
   
   
、村人とともに汗を流す
 
   
   
、夫妻の二条窪在住は短い
       
       
       
、聞法の願いを支えた人たち
       
       
       
、関東開教の原風景
       
       
       
九、上州布教を懇望した楫取夫妻
       
       
       
十、小野島行薫の登用  
       
       
       
、開教は至難の事業 明如上人の支援 夫人の念願成就
       
       
       
  、関東を拓く二人の賢者 寿子夫人の願い(了)   
       
       
       
       
       
   楫取素彦(小田村伊之助)
楫取寿子