ホワンシィ・コーラスは、2005(平成17)年、極楽寺で勤められた三隅地区親鸞聖人鑚仰会法会をきっかけに結成された、三隅地区の真宗門徒のコーラスです。お寺の垣根を越えて、様々な方が集まられ、月一回第4金曜日に練習をしています。

 上手に歌おうとするのではなく、楽しく歌うことをコンセプトにしており、練習日にはいつも笑いが絶えません。毎年勤修される鑚仰法会をはじめ、いろんな法座で歌っています。

極楽寺や、三隅地区報恩寺の継職法要では、ホワンシィ・コーラスの歌声が、温かな響きを生み出しました。

 

 ちなみに、ホワンシィとは北京語で「歓喜」。つまり、歓喜合唱団という意味なのです。

   
   
   


2014年9月17日
NHK山口放送『情報維新やまぐち』で
ホワンシィ・コーラスが紹介されました!




 
   
 

2012(平成24)年6月27日夏法座