2010(平成22)年より 毎11月号にて継続中 



  お取越しとは、親鸞聖人のご法事「報恩講」を取越して(早めて)、各家々で(地方によっては、各地区ごとに)勤めるという真宗門徒にとって大切な伝統行事です。極楽寺では10月〜12月を中心に、お申し込みいただいたお宅にお参りしています。
 ところがお取越しの意味が、なかなか伝わっていかないのです。ということで、毎年極楽寺だよりの11月号で「お取越しの季節です」と題して文章を掲載することにしました。前文が、いつも同じなのはご勘弁下さい。





 
 







2021(令和3)年 聖徳太子と親鸞聖人 
 






2020(令和2)年 ヤゴは気づかない 
 






2019(令和元)年「開かれた」一人







 
2018(平成30)年  「みんな」のお寺 







 
2017(平成29)年  「大きな心」と「小さな心」 







 
2016(平成28)年  矛盾を抱えるからこそ 







 
2015(平成27)年  寒苦鳥 







 
2014(平成26)年  立ち姿の阿弥陀様 







 
2013(平成25)年  きっかけがなかったら 







 
2012(平成24)年  耕すご縁として 







 
2011(平成23)年  親鸞聖人の魅力とは 















 
2010(平成22)年  消費が覆い隠したもの